マンション管理の見える化を進めるマンション管理士

もともとマンションは複雑な組織形態

マンション管理をめぐる問題は、建物の構造・規模等に関する特性に起因するものに加え、区分所有という所有形態と共同住宅という居住方式とによる権利・利用関係の複雑さがその背景にある。それらに適切に対応するためにはさまざまな専門性が必要となるのに対し、その主体である管理組合の構成員である区分所有者が、これら専門的知識を必ずしも充分に有していないのが実情です。是非、専門性の高い当マンション管理士をご活用ください。

マンション管理状態の診断(マンション管理士の無料簡易診断)

diagnosis皆さんのマンションの管理状態をグラフで見える化します。
マンション管理の強み、弱み、を明確にして、管理組合の皆様がよく分かるようにします。そして、優先度の高いものから着実に改善を進めます。
マンションのこと、皆んながわかると!! 改善のための協力者の輪が広がります!!
こんな効果がマンションには必要なのです。
<詳しくはこちら

マンション管理の見える化を図ります

簡単に言うと、各区分所有者が必要性に応じて、ご自分のマンションの管理について、過去の経緯(経歴)や現状並びに情報等を知ることが出来る環境づくりのことです。
マンションのこと知らないから不安 → 不満 → 反対 と言う構図にならないよう、まずは、マンション管理について“知ってもらえるよう”マンション管理の見える化を図ることが重要と考えています。
<詳しくはこちら

まずは是非、ご気軽にあすなろマンション管理士事務所にご相談ください

当マンション管理士事務所では、「管理のしっかりした魅力あるマンション」づくりのために、役員の皆様を全力でサポート致します。
<お問い合わせはこちら

ニュース

あすなろマンション管理士事務所通信第4号の話題

あすなろマンション管理士事務所通信第4号(2017年9月1日号) ○ 国交省が「外部専門家の活用ガイドライン」を作成・公表 ○ 改修業界の四団体が適正な発展のために「クリーンコンサル」を宣言 ○ 民泊新法案国会で成立 ト …

事務所通信第3号の話題

あすなろマンション管理士事務所通信第3号(2017年7月1日号) ○ マンション管理組合の理解も求められる、工事業者の「法定福利費」の見 積もりへの明示、適正な工事を実施するための必要経費だとする考え ○ 民泊実態調査、 …

あすなろマンション事務所事務所通信第2号

あすなろマンション管理士事務所通信第2号の話題   あすなろマンション管理士事務所通信 第2号(2017年5月1日)20170501 ○ マンションでの民泊営業に対する規約違反判決 ○ 東京都の「マンション管理ガイドライ …

事務所通信の発行開始

隔月で事務所通信を発行致します、マンション管理組合運営に是非ご活用ください。   第1号の話題 ニュースレター第0001号(2017年3月27日号)171327 ○ 大規模修繕の業者選定の進め方、再検証の薦め  …

今後のマンション管理のあり方とマンション管理士の活用

(1) マンション管理士 平成13年8月に施行されたマンション管理適正化法によりマンション管理士資格が創設され、マンション管理士はマンション管理に関する相談に応じる者として求められた者です。 マンション管理士(マンション …

PAGETOP
Copyright © あすなろマンション管理士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.